double checked lockingがダメな理由

double-checked lockingとSingletonパターン
結局のところ、インスタンス作成処理がアトミックになってないからちゃんと同期化しないとダメ、ということかしら。変数をvolatileにすれば今は意味を成すらしいけど、double checked locking自体の趣旨=同期化のコストを回避するに反しているらしいから意味がないらしい。ああややこしい。

double checked locking
public class Singleton {

    private static Singleton instance;

    private Singleton() {}

    public static Singleton getInstance() {
        // 一回インスタンス化されたらもう同期ブロックに入らないという理屈
        if (instance == null) {
            synchronized(Singleton.class) {
                if (instance == null) { instance = new Singleton(); }
            }
        }
        return instance;
    }
}
根本的な解決策

変数宣言にnewして必要な処理はコンストラクタに書く

class Singleton {

    private static Singleton instance = new Singleton();

    private Singleton() {
        // ここに初期化処理
    }

    public static Singleton getInstance() {
        return instance;
    }
}

ボトルネックにでもならない限り、おとなしくよくある形でも良いじゃんって気もする。

class Singleton {

    private static Singleton instance = new Singleton();

    private Singleton() {}

    public static synchronized Singleton getInstance() {
        if (instance == null) {
            instance = new Singleton();
            // ここに初期化処理
        }
        return instance;
    }
}