ntpq -pで出力する項目

わかりやすい説明があったので抜粋。

ntpq が出力する項目の意味は次のようになります。

remote タイムサーバ名と、そのサーバがどのような立場にあるかを表示します。
refid remote がどこから時刻を同期しているかを表します。不明の場合は 0.0.0.0 を示します。
st サーバの階層を示す stratum 番号が表示されます。一般に、この番号が大きくなるほど、時間の信頼性が薄らいでいきます。
t 階層の種類です。( l: local, u: unicast, m: multicast, b:broadcast )
when remote から最後にパケットを受け取ってからの時間です。
poll ポーリング間隔を表示します。
reach 到達可能レジスタデータを8進数で示すそうです。
delay 時間の遅延見積もりをミリ秒単位で表示します。
offset remote との時刻のずれをミリ秒単位で表示します。
jitter remote の分散 (ばらつき) をミリ秒単位で表示するそうです。

remote で示されたサーバ名の先頭には、そのサーバをどのように認識しているかを示す記号が付加されています。

距離が遠いために使用しないサーバです。
x falseticker 検査で捨てられたサーバです。
. 参照サーバが多いために使用しないサーバです。
- クラスタリング検査で捨てられたサーバです。
+ いつでも使用可能なサーバです。
# 同期距離は遠いものの参照可能なサーバです。
* 同期中のサーバです。
o 同期中のサーバです。(同期は PPS 信号から間接的に行なう)
EZ-NET 特集: NTP 環境を構築する - ntpq が表示する項目