Solaris 10 x86 に gnu tarをインストールする

バイナリの取得

Introduction の右側にある Processor/OS を起点にパッケージを探す。
gnu tar のダウンロードリンクがあるところに依存パッケージが記されているのでまとめてダウンロード。
必要になったのは以下の5つ。

  • libgcc-3.4.6
  • db-4.2.52.NC
  • libiconv-1.11
  • libintl-3.4.0
  • tar-1.21
インストール

pkgtrans コマンドでパッケージに変換してからインストール。パッケージ名はダウンロード
したファイルを head でのぞいたときに冒頭に見えるSMCで始まる単語。

$ head tar-1.21-sol10-x86-local
# PaCkAgE DaTaStReAm
SMCtar 1 10852
# end of header
NAME=tar
ARCH=x86
VERSION=1.21
CATEGORY=application
VENDOR=FSF
EMAIL=sunfreeware@gmail.com
PSTAMP=Steve Christensen
$ pkgtrans libgcc-3.4.6-sol10-x86-local . SMClgcc346
$ pkgtrans db-4.2.52.NC-sol10-intel-local . SMCdb
$ pkgtrans libiconv-1.11-sol10-x86-local . SMCliconv
$ pkgtrans libintl-3.4.0-sol10-x86-local . SMClintl
$ pkgtrans tar-1.21-sol10-x86-local  . SMCtar
$ ls
SMCdb/                           db-4.2.52.NC-sol10-intel-local*
SMClgcc346/                      libgcc-3.4.6-sol10-x86-local*
SMCliconv/                       libiconv-1.11-sol10-x86-local*
SMClintl/                        libintl-3.4.0-sol10-x86-local*
SMCtar/                          tar-1.21-sol10-x86-local*
$ pkgadd -G -d `pwd` SMClgcc346
$ pkgadd -G -d `pwd` SMCdb
$ pkgadd -G -d `pwd` SMCliconv
$ pkgadd -G -d `pwd` SMClintl
$ pkgadd -G -d `pwd` SMCtar

-G は大域ゾーンのみにインストールすることを指定するオプション。

確認
$ /usr/local/bin/tar
/usr/local/bin/tar: オプション `-Acdtrux' のうち、いずれかを指定しなければなりません
より詳しい情報は `/usr/local/bin/tar --help' または `/usr/local/bin/tar
--usage' で.


参考:pkgtransコマンドでパッケージのフォーマット変換 - Solaris User