adobeに頼らないで eps ファイルを修正する。

OpenOffice.org の draw を使う方法 (推奨) †

手作業編集したい際の手軽な方法を示す.

セットアップ †

* GhostScript (7.05 以上) の設定を済ませておく.
* pstoedit を GSviewと同じところ(標準では C:/Program Files/Ghostgum/pstoedit)にインストールする.
* OpenOffice.orgOpenOffice.org の入り口 に従って OpenOffice.org1.1 (04/03/08現在の日本語最新版) をダウンロードする.
参考:Knoppix-jp v.3.3 には最初から問題なく稼働する日本語化 OpenOffice が組み込まれている。


実際の動作手順 †

動作確認は Windows XP で行った.

* eps ファイルを GSView で開き,[Edit] -> [Convert to vector format...] から WMF や EMF 形式に変換する.
* ( 関数 win.metafile()を使えば,R の画像をそのまま EMF 形式で出力出来る)
* OpenOffice.org の draw に読み込んで,メニューの [変更] -> [切り離す] で切り離してから編集する.
* ページサイズや余白を変えてから eps 形式で export する.

Windows による eps ファイル編集(ad*beソフトに頼らない方法)