ゾーン作成でおさえて置きたいところ

ゾーンの構成
# zonecfg -z zone01
zone01: No such zone configured
Use 'create' to begin configuring a new zone.
zonecfg:zone01> create
zonecfg:zone01> set zonepath=/rpool/vol01
zonecfg:zone01> add capped-memory
zonecfg:zone01:capped-memory> set physical=2G
zonecfg:zone01:capped-memory> set swap=1G
zonecfg:zone01:capped-memory> end
zonecfg:zone01> add capped-cpu
zonecfg:zone01:capped-cpu> set ncpus=1
zonecfg:zone01:capped-cpu> end
zonecfg:zone01> add net
zonecfg:zone01:net> set physical=nge0
zonecfg:zone01:net> set address=192.168.64.101
zonecfg:zone01:net> set defrouter=192.168.64.253					
zonecfg:zone01:net> end					
zonecfg:zone01> verify					
zonecfg:zone01> commit					
zonecfg:zone01> exit					
項目 説明
create 初めて作るときのおまじない
set zonepath ゾーンのインストールディレクトリ。
add capped-memory メモリ制限
capped-memory> set physical メモリ使用量上限
capped-memory> set swap スワップ使用量上限
add capped-cpu cpu制限
capped-cpu> set ncpus cpuコア数上限(少数点指定可)
add net ネットワークインターフェース追加(複数可)
net> set physical 物理インターフェース名(tagged vlanインターフェースも可)
net> set address インターフェースにつけるIPアドレス
net> set defrouter デフォルトルート
verify 整合性チェック
commit 変更確定
exit 終了

参考:Oracle Documentation

なお、完全ルートゾーン(グローバルゾーンに極力依存しないゾーン)を作るには、inherit-pkg-dirをすべて削除する。デフォルトで定義されているものを消すには以下のとおり。

zonecfg:zone01> remove inherit-pkg-dir dir=/lib
zonecfg:zone01> remove inherit-pkg-dir dir=/platform
zonecfg:zone01> remove inherit-pkg-dir dir=/sbin
zonecfg:zone01> remove inherit-pkg-dir dir=/usr
ゾーンへのSolarisインストールと起動

構成後、Solarisをインストールしユーザーを作るなどするには以下の手順にしたがう。

# zoneadm -z zone01 install
# zoneadm -z zone01 boot
# zlogin -C zone01
 (zloginのコンソールから抜けるには、 ~^D(チルダ -> Ctrl+D))
ゾーンの削除
# zoneadm -z zone01 halt
# zoneadm -z zone01 uninstall -F
# zonecfg -z zone01 delete -F