Lavie G type Z に xubuntu をインストール

  1. Xubuntu から64bitイメージをダウンロードし、LinuxLive USB Creator を用いてライブUSBを作る
  2. BIOS で boot mode を Legacy に変更して、非UEFI状態でインストール実行。grub は / にインストールしておく。
  3. ライブUSBの起動時に F6 を連打し起動オプションを書き換えて、SSDにインストールした xubuntu を起動する。まだ非UEFI状態。
    • s#boot=casper#root=/dev/sda5# sda5 は / に対応する場所。
  4. grub-efi-amd64 パッケージをインストールして再起動。
 $ sudo apt-get update
 $ sudo apt-get install grub-efi-amd64
 $ sudo reboot
  1. BIOS で boot mode を UEFI に戻して起動。ライブUSBの起動オプション書き換えで、再度SSDから起動。
  2. Windows7 で用意されていた EFI 領域(/dev/sda2)を /boot/efi にマウントし、grub-install を実行。対象となるEFIのエントリ?が表示される。再度再起動。
 $ sudo mkdir /boot/efi
 $ sudo mount /dev/sda2 /boot/efi
 $ sudo grub-install
 $ sudo update-grub
 $ sudo reboot
  1. BIOS でUEFIの優先順を ubuntu だけに設定。ubuntu > Windows Boot Managerで良さそうな気もするがなぜかうまくいかない。加えて、変更 -> save & exit -> 再度変更を行わないと設定が BIOS 上に反映されない。xubuntu のログイン画面が見えれば成功。当たり前だが、Windows7を起動するときは優先順に Windows Boot Manager を指定。

まやろぐ - UEFI Ubuntu を参考にした。初めに debian wheezy をusbインストールしようとしてEFI回りでうまくいかず失敗。その時の流れで非UEFI状態でインストールを行っていたため、xubuntuについても疑いなく非UEFI状態からインストールしてしまった。後から見直すとUEFI状態でUSB指したらうまくいきそうな気がする(が試せてない)。

BIOSでローダの変更が挙動不審な理由は不明。Windows7xubuntuEFIを共有したせい?(共有させた理由は UEFI, GPT) また、Windows Boot Manager から xubuntu を起動できるように設定を試みたがうまくいっていない(参考:Windows 7のブートローダでLinuxのUbuntuとデュアルブートする方法 - MiuxMiu)。

話が変わるけどスーパーpre記法使うとリスト番号がリセットされるな・・・。