SoftRefLRUPolicyMSPerMB

IntelliJ IDEAのJVMオプションの変更点をチェックしてみると

$ diff idea64.vmoptions idea-IC-133.193/bin/idea64.vmoptions
5a4
< -XX:+UseCodeCacheFlushing
9c8,11
> -XX:+UseCodeCacheFlushing
> -XX:+UseConcMarkSweepGC
> -XX:SoftRefLRUPolicyMSPerMB=50
> -Dawt.useSystemAAFontSettings=lcd
---
< -Dawt.useSystemAAFontSettings=on

awt.useSystemAAFontSettings=onは自前で追加していたもの。SoftRefLRUPolicyMSPerMB ってはじめてみたけど、What determines when softly referenced objects are flushed? によると空き領域に対するソフト参照のフラッシュ間隔を決めるオプションらしい. デフォルト値が1000なので積極的にフラッシュするようにしているということ.

awt.useSystemAAFontSettings がとりうる値は [「Java SE 6完全攻略」 第17回 文字に対するアンチエイリアス (http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070205/260649/) で解説されている