正規表現にマッチする文字列のカウント

find()の連続呼び出しでマッチする部分文字列を巡回することができる.

実行結果

find 0 : 0, 2
find 1 : 3, 5
find 2 : 6, 8